スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WBC】あのダブルスチールは何だったのか?

2013ワールド ベースボール クラシック日本代表選手ビッグカンバッジ 内川聖一
NumberWebに、あのプエルトリコ戦のダブルスチールについての記事がありました。
それを見ながら、僕もちょっと振り返ってみようかと思います。
シロウトが、評論家気取りでwwww

 準決勝のプエルトリコ戦の土壇場に起こった痛恨のミス。1-3と2点差としてなお1死一、二塁で一塁走者の内川聖一が飛び出してアウトになったプレーは、ある意味、今回の日本代表の強さと脆さを象徴するようなものであったように思う。


今大会の終盤の勝負強さを期待していた場面でした。
1アウトから鳥谷が出て、井端がタイムリー、そして内川が続きました。
1アウト1、2塁でバッターは4番の阿部。
期待せずにはいられません。

 二塁走者の井端が一瞬、スタートを切りかけたが、すぐに走るのを止めた。しかし、一塁走者の内川は猛然と二塁を目がけて突進し、二塁ベース手前で気づいたときには、2人の走者が塁上で鉢合わせしそうな状況になっていた。


結果は知っての通りですが、この場面を振りかえっての口述。

山本監督「重盗にいってもいいというサインがあって、少し井端のスタートが遅れた」
緒方コーチ「グリーンライト(盗塁をしても良い許可)ではなく盗塁(必ずしろ)のサインでした」
井端「この球、じゃなくて行けたら行け、だった」

ズレてます。つまりは…。

 走ることは命じた。ただ、「次の1球で走れないなら、その次のボール……と間合いを計って行けるタイミングで必ず行け」という具合に、スタートをどこで切るかは走者に委ねられたわけである。


私見ですが、あの場面ではそんなのはありえない。
走らせるならThis Ballしかない。
大丈夫そうなら走れとか、そんな場面じゃない。
動いたら結果オーライでいくしかない。

ベンチの責任逃れにしか見えないです。

 前述したように一、二塁で重盗をする場合には、一塁走者は二塁走者のスタートを見てから自分もスタートを切る。そのため最初の一歩の踏み出しが一瞬だけ遅くなってしまう。その分、捕手が二塁に送球したときには、アウトになる確率も高くなるわけだ。さらにモリーナの強肩も頭にある。


だから内川は遮二無二走りました。
それしかないですもの。
むしろ、判断力が良すぎたためにああなったとしか思えません。
その能力の高さゆえの失敗だと思います。

でもそもそも、信頼して4番に固定している打者の場面、ましてや流れが来ている大事な場面、走るのが正解とは思えないのです。
何度もいいますが「責任は俺がとるから次走れ!」と勝負をかけるなら失敗しても、負けてもしょうがなかったと思います。
でもそれなら井端に代えて代走本多じゃないですか?

どうも結局監督の「失敗したらどうしよう」が出てしまったようにしか見えないのです。

「一つ先の塁に行かせる姿勢だった。失敗したが、悔いはない」


井端、内川にあれだけ悔しい思いをさせて、自分は「悔いは無い」とか言っちゃうのがなんか、僕的にはスゴイ嫌だなぁ。

まぁ、ダブルスチールが成功したとして、またはしてなかったとして、勝ったかどうかはわかりません。
でもなんか、後味悪いですよね。
あと言っとくと、別に山本浩二さんキライじゃないです(笑)。
そんな感じかな。

足で勝って、足で負けた侍ジャパン。あの8回裏の重盗シーン、全真相。NumberWeb

Number (ナンバー) WBC速報号 2013年 3/30号 [雑誌]
週刊ベースボール増刊 第3回WBC決算号 2013年 4/10号 [雑誌]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

コバヤシマサキ

Author:コバヤシマサキ
こんにちは。
1972年4月生まれ、40歳、既婚、子供3人。

ブロガーとして生きることができるか模索中でありチャレンジ中。

ブログ内検索
リンク
雅王のPCゲームブログ
便利!
スポンサードリンク

月別アーカイブ
色々と…


あわせて読みたい

with Ajax Amazon

カウンター
カウンター2
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
640位
アクセスランキングを見る>>

ブログパーツ ラシックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。