スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「北風小僧の寒太郎」、放送禁止


子供らの学校で、「北風小僧の寒太郎」の放送が禁止されているらしいのです。
放送委員の長男情報。

学校で「寒太郎」禁止令

何でも、カンタロウくんという子がいて、ヤイヤイ言われちゃう、というのが理由とのことです。
ナニソレ。

子供ってモンは残酷なモンで、平気で人をからかったりします。
カンタロウくんも、「北風小僧の寒太郎」が学校で流れたりすると、あの繰り返しの掛け声のところで「かんたろー♪」とか言われたりするんでしょう。
もしかしたらイヤな気分になるかも知れません。

だから放送しないってのはどうなの?

禁止にする理由

例えば、そのカンタロウくんや、その保護者から言われたならわからんでもないです(それでも阿呆な話だけど)。
しかし、今回はどうやら学校の判断でそうしたらしい。
その理由はなんなのか。

恐らく、問題になったら困る、とかいう理由でしょう。
からかいがいじめに発展するのは良くあることですから。
問題になったら自分らの立場が、と校長以下先生方はそう思っているはずです。
それしかないですもん。
「カンタロウくんがかわいそう」というのは建前ですね。
本当は、「カンタロウくんがかわいそうになったら、ワシらがかわいそう」でしょう。

自分らの仕事を避ける学校

もちろん、いじめを芽の段階で摘み取るという考えは当然です。
動機がダメなんです。
不用意な一言が他人を傷つける、悪意なくてもこっちが気にすることをズケズケ言われて不快になる、なんてオトナになって“世間”に出たら、良くあることです。
ありすぎるほどです。

それを教えるチャンスじゃないか。
“教育”をするチャンスじゃないか。

それを我が身かわいさでしない学校。
そんなの教育機関とは呼べないです。

その結果の社会に未来はない

現に、そうやって何も教えられないままの人間が“世間”に出て来て、いろいろ問題起きてるじゃないか。
教育の放棄の結果がそれなんじゃないか。
そしてまた、その人間の中から名前だけの「教師」が出て来て、それらがまた、「教育をしない教育」を施すのです。
悪いほう悪いほうへ転がっていくのです。

もう、その実例も出てきているのに、それに気付かないか、気付かない振りをするオトナたち。
どうしようもないかと。

と、以上のようなことを長男にバーッと話たら、キョトンとしてた(笑)。

NHK「みんなのうた」40周年ベスト(2) 北風小僧の寒太郎 / 赤鬼と青鬼のタンゴ
定価:¥ 2,415
中古最安価格:15%OFF ¥ 2,039 (5店出品)
売上ランク:38796位
レビュー平均:3.03.0点 (7人がレビュー投稿)
by 通販最速検索 at 2013/01/28


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

コバヤシマサキ

Author:コバヤシマサキ
こんにちは。
1972年4月生まれ、40歳、既婚、子供3人。

ブロガーとして生きることができるか模索中でありチャレンジ中。

ブログ内検索
リンク
雅王のPCゲームブログ
便利!
スポンサードリンク

月別アーカイブ
色々と…


あわせて読みたい

with Ajax Amazon

カウンター
カウンター2
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1393位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
292位
アクセスランキングを見る>>

ブログパーツ ラシックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。