スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6番

ここのところ、DSでもオンラインでも『やきゅつく』漬けな俺なので、野球の話でもすることにする。

野球の打順において、3番から5番はクリーンアップと呼ばれて、強打者を並べてるってことは野球知らん人でも知ってると思う。

彼らはよく打つ。
ていうかよく打つことを期待されてクリーンアップに座っている。
彼らがガンガン打って走者をホームに迎え入れ、得点を挙げることが前提なのだ。
要するに、彼らは出塁が期待される1番2番と同様、ベース上にいる確率も高い。
ならば。

6番がチャンスに強い打者ならば、得点力はまたあがるハズだ。
走者を一掃した(ベース上をクリーンアップした)クリーンアップを、クリーンアップするという仕事が6番にはあるのだ。
ていうか6番の仕事ってそれだけだ。

しかも、ホームランが飛び出すかどうかッみたいな勝負はクリーンアップでするハズなので、6番には長距離砲はいらない。
ここも長距離砲だと、相手投手はクリーンアップのときと同じ緊張感で6番と対峙する。
これはあんまりウマくない。
投手がクリーンアップをなんとか凌いで、ちょっとだけホッとしたようなときに、巧く右にスコーンって打てるような選手がベスト。
そして7番にまた大砲がいるってのが、理想かな。
俺の理想。

野球ってのはメンタルな要素も非常に強いからして、こんなことを考えないとダメなのだ。
そして、こうやって考えるのが野球の真の面白さなのだ。

6番についてこうやってあーだこーだ考えている俺が、今まで見た中でベストな6番打者が、中日ドラゴンズの第一次星野政権時代、優勝した年(1988年だっけか?忘れた)の仁村徹だ。
この年の仁村徹は、スゴかった。
キレイに右打ちして、確実にゲーリー、落合、宇野をホームに迎え入れてた。
ゲーリー、落合、宇野、そして投手の小松、郭源治のうち誰かいなくても、あの年の星野中日は優勝しただろうけど、もし仁村徹がいなかったら優勝できなかったんじゃないか、とか本気で思えるほどだったのだ。
別に150や200打点挙げたワケじゃないから、そうじゃないかもしれないけど。
あの勝負強さ、右打ちの巧さはハンパなかった。
前の宇野や後ろの川又は打ちやすかっただろうな。

ていうか、打順の6番について、こんなに長く書いてる俺ってばなんなのさ。
ま、野球好きなんですな。
さて、『やきゅつく』やって寝るか。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

コバヤシマサキ

Author:コバヤシマサキ
こんにちは。
1972年4月生まれ、40歳、既婚、子供3人。

ブロガーとして生きることができるか模索中でありチャレンジ中。

ブログ内検索
リンク
雅王のPCゲームブログ
便利!
スポンサードリンク

月別アーカイブ
色々と…


あわせて読みたい

with Ajax Amazon

カウンター
カウンター2
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
416位
アクセスランキングを見る>>

ブログパーツ ラシックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。