スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム大国ニッポン神々の興亡―2兆円市場の未来を拓いた男たち

ゲーム大国ニッポン神々の興亡―2兆円市場の未来を拓いた男たち

ファミコン前夜~プレステ2までのニッポンのゲーム史をハード、ソフト両面から理解するにはもってこいの一冊。
しかしまぁ、この辺の事情は“語られた伝説”と化していて、少なくともこの本を手に取るような人は既知の事柄ばかりかも知れない。復習(なんのための?)にはなるけども。
とはいえ、それはいつ見ても読んでもスリリングな伝説である。
特に、水面化でのハドソンとNEC、ソニーと任天堂の動きとその結果は面白すぎる。
ソフト面では宮本茂氏と堀井雄二氏が前面に出てくるのは仕方のないところか。
しかし、堀井氏のところで『ポートピア連続殺人事件』を「アクションゲーム」と連呼しているのには辟易した。
どうも、誤植とか誤字とかじゃなく、思い込みでそうなってるらしい。
誰か直せよ。
その他、ゲーム好きなら読んで損の無い一冊となっておりますな。

ゲーム大国ニッポン神々の興亡―2兆円市場の未来を拓いた男たちゲーム大国ニッポン神々の興亡―2兆円市場の未来を拓いた男たち
(2000/06)
滝田 誠一郎

商品詳細を見る

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

コバヤシマサキ

Author:コバヤシマサキ
こんにちは。
1972年4月生まれ、40歳、既婚、子供3人。

ブロガーとして生きることができるか模索中でありチャレンジ中。

ブログ内検索
リンク
雅王のPCゲームブログ
便利!
スポンサードリンク

月別アーカイブ
色々と…


あわせて読みたい

with Ajax Amazon

カウンター
カウンター2
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
308位
アクセスランキングを見る>>

ブログパーツ ラシックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。