スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーエー2連発

以前書いた、ちょっと遊びたいゲーム2本、『Winning Post World』と『ジルオール インフィニット プラス』をプレイしてる。
始めたばかりなのでまだなんとも言えんが、今のところ、満足していない(泣)。

『Winning Post World』は、ハナッからPS3とかWiiとかでもリリースすることが決まってる。
で、うまく言えんが、インターフェイス周りがゲーム機よりなのだ。
コレで非常に萎えた。
そしてシナリオモードでキャラを育成し、クリアしてから本編へ。
この流れがいらん。
てか、シナリオモードがいらん。
キッチリしたチュートリアルがあればいいんじゃないの。
もしかして、シナリオモードを何周もすれば最強キャラが出来たりするんじゃないの?
その辺がコワイ。
レースシーンは、キレイで一見の価値あり。
一見だけね。
あとは飽きる。
それと、内容的に『パワーアップキット』で稼ぐ気マンマンな雰囲気がヤだ。

『ジルオール インフィニット プラス』は、自由なファンタジーRPG。
『ルナティック・ドーン』をコーエーが作るとこうなるよ、と言ったゲーム。
とにかくイベントがゴテゴテある。
これでもか!これでもか!とイベント攻めである。
その分、多数いるキャラは立ってるし、イベントも面白いのが多いのだが、このテの、自由がウリのゲームでは、それは邪魔にはならんか。
『ルナドン』の淡白さのほうが俺は好きなのだが。
自分の想像力が働かせることが出来るから。
自分の想像力がいらんのなら、良質なファンタジー小説を読んだほうがマシだろ。
あと、読み込みが絶望的に遅すぎる。
テンポ悪すぎ。
戦闘シーンは、キレイで一見の価値あり。
一見だけね。
あとは飽きる。

両作とも、まだまだ遊んでみるつもりではあるが、現状はこんなカンジで。
これから、どんどん面白くなってくるといいなぁ。
今のコーエーにそれが望めるかどうかは、知らん。

スポンサーサイト

がくしゅうはっぴょうかい

今日は、長男の学習発表会だった。
現場が早く終わったので見にいけた。
よかったよかった。

今年、2年生として習ったことの成果を保護者に発表する趣旨。
あんだけドタバタだった長男が、人前でも落ち着きを見せている。
成長するんだなぁ。
でも俺を見つけて、MAXボリュームで「あ!お父さん!間にあったんだ!」とか言ってたな。
その辺は相変わらず。
奴らしくて良いのだが、コッチが恥ずかしいのだ。

いいモン見っけ!

『Movable Type』みたいにブログサービスでなんとか普通のサイトのようなブログが出来ないかと密かに悩んでいた俺。

いいもん見っけた。
『SeeSaaブログをホームページ風にカスタマイズ!』
というページ。

これでゲーム関連のサイトの作成に着手した。
全然更新してない『ゲームめった書き!』も、コイツに取り込む予定。

まとまった時間が取れないとなかなか手をつけないから、いつ出来るかは、わからぬ。

決断―権藤博と東尾修の1年

決断―権藤博と東尾修の1年 (Sports Graphic Number books (1))決断―権藤博と東尾修の1年 (Sports Graphic Number books (1))
(1999/01)
永谷 脩

商品詳細を見る

1998年に雑誌『Number』にて連載したのを1冊にまとめた本。
西武ライオンズの東尾修、横浜ベイスターズの権藤博両監督に密着した企画だったが、この年、この両チームが日本シリーズで対戦することになった。
ハナっから優勝すると踏んでたのか永谷さん、アンタすげぇな、である。
特に権藤監督は新任だったし、誰も優勝するなどとは思ってなかったもんな。
もし、両チームが優勝してなかったら、書籍化も無かったんじゃないか。

内容は、シーズン中の様々な局面で、両監督が何を考え、どう行動するか、まさに密着した現場主義ルポである。
読むと、本当に監督って大変ですネ、と思う。
常に勝利に向かって頭脳をフル回転し、采配を振るう。
ファンは当然、無責任にも全ての試合で勝利を要求し、負ければ平気で罵声を浴びせる。
ホント、ストレス溜まるでしょうな。
監督をこなすだけで、並みの精神力じゃ出来ないよ。

そして、監督のみじゃなく、選手との対話、それに対する選手の思い、考えなんかも垣間見れて良い。
あのシーズンの横浜大魔神佐々木の気合、西武西口の苦悩など、読んでて全く飽きない。

貴重なのが、最後にある日本シリーズ前と後の2つの両監督の対談。
これは最高に面白い。
野球好きなら、読まなきゃ損ですぜ。

死への恐怖

最近、長男がよく聞いてくる。
「俺が死ぬまであと何日?」
おぉ、もうそんなコトを考えているのか。
小学校低学年の時って、1回はそんな考えにハマるよな。

そういえば、小2の時、クラスの女子が同じようなことを考えてた。
「私の死ぬの?」
みたいなことをやたらに言ってた子がいたよ。
俺はその頃からシニカルな野郎だったらしく(俺ってシニカルなのか(笑)?)、
「馬鹿お前、人間みんな死ぬんだよ」
と言っては、その子を泣かしてたなぁ。

さて息子。
まさか息子にそんな言い方をするワケは無く、答えに困っている。
「お前より先にお父さんとお母さんが先に死ぬんだよ。お前が死ぬまで何日も何日もあるから」
くらいしか言えない。

トシか?←またか

当然、このブログはキーボードで入力して更新している。
んが、最近よく入力ミスをするのだ。
イラっとくる。
結構、入力の速さ、正確さには自信を持っていただけに、軽くショック。

マルガリータ!

そういえば、ウザくてしょうがなかった髪を切った。
切ったというか、バリカンでバリバリ。
すなわちボウズ。
ボウズというか、上の方は横、後ろより3㍉長め。
あー、スッキリした。

スッキリした途端、この寒さである。
頭の防寒具が急に無くなったモンだから、もうベラボーに寒い。
頭がスースー、特に耳の後ろが極寒。
ロシア並み。

R-1観た

今年もR-1を観る。
優勝候補不在と言われた今回、優勝は中山功太だった。

俺はバカリズム、COWCOW山田與志のさすがのフリップ芸で大爆笑してしまった。
基本、フリップ使うのはどうかとは思うけどな。
あそこまでの完成度を見せられるとグゥの音も出ない。
俺からしたら、この二人のどっちかが優勝だ、どう考えても。

単純に“話芸”で言うならあべこうじ。
初めはただのウザキャラだったのに、その設定を残したまんまどんどんウマくなっての今回。
小道具無しでの勝負、良かった。

エハラマサヒロ、中山功太は無い。
昨今の“お笑いレッドカーペット化”の、お笑いにとって良くない産物。
それが1位2位だもんな~、今はそういう時代ですかそうですか。
しかし、エハラなんか、あれレッドカーペット用のネタやんけ。
論外。

夙川アトムは個人的には好きだけど、一番にはなれんよな。
ずきあかのちゃんねードーン!!
おもろい。

サイクロンZ、鬼頭真也(夜ふかしの会)、岸学はスルー。
自分はおもろいと思ってる学生レベル。

意外だったのが鳥居みゆきか。
しっかりしたひとりコント。
笑い自体は弱かったけど、構成はバッチシ。
構成だけみると、一番だったんちゃう。

とか言ってる俺は何様か。
藤本義一かっ。

中川君、どした?

財務大臣の中川昭一さんがヘロヘロの記者会見をした。
みなさん、見ましたか?

もう、こっ恥ずかしい。
日本人として、世界中に対して恥ずかしい。
どうしてくれる。

自分の仕事にたいする責任感が足りん。
俺たちは39度の熱が出ようと、現場に出て働かざるを得んから働く。
現場仕事じゃなくても、そんなサラリーマン、ザラにいるはずだ。
特に財務大臣様は、今のニッポンの状況を見るに、ヘロヘロしとる場合じゃねぇよ。
ましてや酒など。
風邪薬だろうが、酒だろうが、あの醜態が問題なのだ。

根性論でカタがつくとは思わんが、気合が足りんな、気合が。

だが、彼は拉致問題にも積極的だし、有力な政治家なのよね~。
カンタンに潰すワケにもいくまいな。

観ないTV

テレビでよくやってる、「このヒトの人生こんなんです」みたいなの、あんなのは観ない。
『世界仰天ニュース』や『アンビリバボー』、最近では『エチカの鏡』とかでやるなぁ。
ああいうの観て、「ガンバレ!」「よくやった!」とか言うの、シンドイ。

「人の人生観て応援するほど、自分の人生ヒマじゃないわい!」とか言っては、カミさんに「どんだけひねくれんの」とか言われちゃったりしてるけど、実はそうじゃないんだよな。

本当は、自分の人生と比べて、そのダメさマズさを再確認するのがコワイだけ。

バレンタインデー

本日はバレンタインデーですな。
といっても、もう完全に縁が無いイベント。
カミさんと4歳の娘にチョコもらったけど、それが関の山だ。

そんなバレンタインな日、次男の幼稚園の最後のお遊戯会の日でもあった。
高校時代からの友人の子供と一緒の幼稚園なので、終わってから友人宅へ行き些細なお疲れ様パーティーをした。
宴もたけなわになった頃、ピンポーンとチャイムがなる。
女の子がたずねてきて、友人の長男(小1)にチョコを渡す。
その後、友人の長女(小3)が、チョコを渡しに出かける。

正直、俺、ちょっとショック。
ていうかビックリ。

赤ん坊の頃から知ってる子供らが、バレンタインデーにチョコのやり取りをしている。
そんなに月日が経ったのかと、自分の歳をまた再確認(最近こればっかり)。
いやいや、みんな成長していくねぇ。

一方、ウチの子らには全く浮いた話が無いってのが笑える。

郵政民営化…

もう大変。
一連の麻生首相の薄っぺら発言で自民党、国会はワヤクチャ。
まぁ、実は、郵政民営化なんざ、国民の側からすればどうでうもいいのだ。

民営だろうが公営だろうが、分社化しようがしまいが、郵便物がキチンと届けば問題ないの。
国会で「コッチ!」って決めれば終わることなの。
じゃあ何でゴチャゴチャやってる?

テメェらの利権を守るため「賛成!」「反対!」ってやってるだけ。
政治でもなけりゃ、政局ですらない。
カネの亡者の足の引っ張り合い。
そんなの国会でやられた日にゃ、たまったモンじゃない。

エ?国民のために?税金がかかりすぎるから?
じゃあ、アンタらのポケットにしまう分をなくして安くしてよ。
民営化なんてする必要無かったじゃないの。

ガム

なんだなんだ最近のガムは!
あんなの、いらん。

なんか全部ミント入ってる。
「梅ミント」「ミントグレープ」「レモンミント」……。
ミントを取れミントを!
邪魔!
スースーしたくない!
スースーしたいときは「グリーンガム」か「クールミント」を噛むから!

あと、キシリトールもいらん。
歯をキレイに?丈夫に?
歯を磨け歯を!

ほんと、フツーの梅ガムとかブルーベリーとか、無くなっちゃった。
意味わからん。
コーラとかソーダとか、噛みてぇ。
ていうか、ときどきセンブンイレブンで売ってるライフガードのガムが、超うめぇ!

凧揚げ

正月にカミさんの実家に行ってたときに、買ってきた手作り凧。
やっと今日、作った(遅)。
夕方から揚げにいったが、一発で墜落、全壊。
風も強すぎたしね。
手作りの凧で揚がった試しがない。

おフランス

今、行ってる現場の近くに『フランス床屋ナポレオン』とかいう床屋がある。
見た感じ、ひと昔のフツーの床屋。
なんでフランス?
フレンチな髪型にされちゃうか。
フレンチな髪型って何?

今、ベラボーに髪の毛が伸びてる。
もう襟足がか~な~り~ウザい。
半年前に坊主にしてからそのまんま。
昔は、半年もほっとくとエライことになったけど、今は伸びる前に抜けてるらしい。
えぇえぇ、ハゲますから!
大体、若いときの2ヶ月ほっといたくらいの長さ。
えぇえぇ、ハゲますから!
前髪なんて、まったく目にかからない。
昔は1ヶ月もほとくと目に入って鬱だたのだが。
えぇえぇ、ハゲますから!

むしろ早くハゲてスッキリしたい。
心配しなくても進行形だが。

必殺!

金曜21時からの『必殺!仕事人2009』がオモロイ。
あの頃のまんまのストーリー展開。
あの頃のまんまの演出。
全体的にチープな感じがイイ。
それこそ『必殺!』。
斬られちゃう悪役のキャスティングも絶妙。

観る前は、ヒガシ=主水のリニューアルかと思って敬遠してた。
でも違った。
主水は主水で主人公とは別にいた。
それがいい味出してる。
さすが藤田まこと。

少なくとも、巷に氾濫しているバカアホ薄っぺらドラマを観るよりははるかにマシだ。
TOKIO松岡がちょっと張り切りすぎててナニだけど。

楽しみなドラマを待ちながら1週間を過ごすなんて、何年ぶりだろう。

ダメだメ~ン

若麒麟の大麻事件に関連して練マザファッカーのD.Oが逮捕された。
『リンカーン』で中川家剛が一緒にヒップホップしとったね。
コカイン所持。
ダメだメ~ン。

そういえば、熊谷に「おおあそうこうえん」という公園がある。
漢字で書くと“大麻生公園”。
いつ見ても一瞬「エエッ!?」って思っちゃう。
たいまはえるこうえん!?

VIVA!節分

今日は節分。
鬼のお面が付いてる豆を買ってきて、豆撒き。
子供たち大喜び。
当然、鬼は俺。
ビール片手に逃げ回る鬼。

こういう普通のことって、家庭持つまでは全然、メンドクサかったけどなぁ。
家族と季節の行事を楽しむって、いいモンだ。

ところで。
豆についてた鬼のお面。
普通の赤鬼だ。
目のところに普通に穴が開いている。
それなのにぃ~。
お面の裏側に注意書きのシール。

「このお面を顔に着けると視野が狭くなり、思わぬ怪我をすることがありますので頭や額に着けてお楽しみください。Made in China」

いや、メイドインチャイナはどーでもいいのだが。
やっぱココまで書いとかんと、イザというとき困っちゃうんだろうか。
万が一、怪我しちゃったらメーカーにクレームつけるアホが増えたんだろうな。
アメリカ並みのアホ訴訟国家になってしまうぞ。
もうなってんのか?

折角の楽しい気分をそがれた次第。

ハドソンにボンバーマン

「ゲームについて要望を書き込んだが、改善されないのでやった」
池孝雄(29)が、そんな理由でハドソンに「会社へ爆弾を送り付けて皆殺しにしてやる」だの「今すぐ、JR高松駅まで現金80兆円を持参せよ」だのと書いたメールを送って、当然とっ捕まった。

孝雄よ、わかるよ~。
ハドソンのゲームはどうもナニだからな~。
わかるよ~。
でもそんなメールを送ってはダメ。
威力業務妨害だゾ。

てかアホか。

もう、発想が子供なのね。
80兆円なんて、小学生の「1億万円!」にちょっと毛が生えた程度の幼稚さ。
「怒ったぞ~俺なんて爆弾持ってるんだからな~ワーン」って言ってるワケね。
ガキが。

こういうのが29歳ってところが恐ろしい。
男が三十路間近でこんなガキだと社会が成り立たない。
ニッポンはこんなのばっかなのか。
ゾッとする。

ていうかアレか、洒落か。
ハドソンだからボンバーマンか。
「ハドソンに爆破予告って面白くね?リアルボンバーマンみたいな!ギャハハハ~」

どっちにしろアホガキやないか!

サックリと

腕を切った。
サックリと。
仕事で。
長さ5cm、幅1cmの裂け目が俺の左腕にある。
軟膏を塗りたくったガーゼをあてている。
病院行ったら、縫うんだろうな。
いたたたたい。
プロフィール

コバヤシマサキ

Author:コバヤシマサキ
こんにちは。
1972年4月生まれ、40歳、既婚、子供3人。

ブロガーとして生きることができるか模索中でありチャレンジ中。

ブログ内検索
リンク
雅王のPCゲームブログ
便利!
スポンサードリンク

月別アーカイブ
色々と…


あわせて読みたい

with Ajax Amazon

カウンター
カウンター2
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2676位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
470位
アクセスランキングを見る>>

ブログパーツ ラシックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。