スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事じゃい

ゴールデンウィーク返上で仕事をすべき我が社であるがゆえ、29日も仕事だった。
5月からの任されてる大きな仕事じゃなくって、小さな小さな仕事であった。
でも、俺が今の会社に入って初めての売り上げになる現場だ。
その現場の立会に今日は行っていたのだ。

そんな初売上仕事だったのだが、実は俺が見事にヘタこいており、ヤバかった。
昨日までは、どうしようどうしようと顔面蒼白になっていたのだが、案ずるより産むが易しみたいな。
なんとか現場はおさまった。

明日からは、大仕事の準備をやらなければ。
それが、間に合わない。
準備をしっかりしないと、確実にヘタを打つのは分かっているのだが、今のままでは間に合わない。
休み返上で仕事をするしかない。

休みたい…。
スポンサーサイト

ゴールデンなウィークなんぞ…

任された“大仕事”が5月から始まる。
いよいよだ。

その準備が、ハンパねぇ。
覚えなきゃならんことを常に考えつつ、資料をまとめたりしつつ、である。

多分、連休休みないかも…。
明日29日は確実に出社。

南無~。

テレビ局に才能は無いのか?

最近、好きな特番バラエティ番組が2本、レギュラー化した。
『イロモネア』と『レッドカーペット』がそれ。
あ~あ~俺も好き、と納得してくれる人も多いんじゃなかろうか。

両方とも、芸人たちが自分たちのネタと才能をフル回転して勝負している(であろう)ところが好きなのだ。
今の芸人たちは、いわゆるボキャブラ芸人たちと比べれば、ずっと恵まれていることよ。
ボキャブラ芸人たちは自分たちのネタをさせてくれないという逆境のもと、頑張っていたのだ。
彼らのうち、今でも生き残っている芸人たちは、当時の逆境の中でもなんとか才能を見せつけてやろう、と頑張っていたように思える。
爆笑問題しかり、ネプチューンしかり、海砂利水魚(現くりぃむしちゅー)しかり。

いや、そんなことを書きたいのではない。
話が脱線している。

ナニが言いたいかというと、釈然としない、という話だ。
『イロモネア』と『レッドカーペット』は特番で高視聴率を獲ってるんだろう。
その番組をレギュラー枠に持ってくる浅はかさが、やりきれない。
大体、こういう風に特番からレギュラーになった番組は、いつの間にか内容も変わってしまい、面白くなくなるもんだ。
これは深夜からゴールデンに来た番組にも当てはまることだけども。
つまんなくなっちゃう、ということを抜きにしても、なんかヤなのだ。

何故かというと、要するにテレビ局が怠けているのが許せんのだ。
番組枠がいっこ空いてて、そこにオモロイ番組を埋め込みたいなら、作らんかい。
簡単に定評のある番組を持ってくるな。
……と言う事だ。

バラエティはタレントがハシャいでいるのを垂れ流し、ドラマは漫画を映像化しやがって、要するに番組を作るという、テレビ局にまず一番最初にいる才能がテレビ局にはもはや無いんじゃないかと思う次第。

だから、テレビは一部を除いてつまらんのだ。

両立

今日も日曜ながら仕事だった。
来月からのでっかい仕事を、俺はこなさなければならない。
その準備で忙殺されているのであった。

俺自体は、休みなんか別にいらんけど、カミさんや子供たちにはそうもイカンのだろうな。
特に今日は、次男の退場日プレゼントをみんなで買いにいく予定だったから、なおさらである。
次男の誕生日は22日なのだが、俺が休みの時にってんで今日のセッティングをしていたのだ。
ヤメ!と言っても楽しみにしていた次男は聞く耳を持たず、結局俺ナシで買いに行ったとさ。

カミさんも風邪気味で熱っぽかったらしく、大変だったらしい。
お陰で、なんかちょっと機嫌悪いし(笑)。

でも、仕事をバンバンこなせるようになって、カネをバンバン持ってこれるようになるまでは我武者羅に働かねばならんと、俺は思っている。
俺だって、家族との時間を大切にしたいが、今は我慢である。

ちなみに、次男が選んだプレゼントは…。


仮面ライダーキバ 変身ベルト&フエッスル DXキバットベルト仮面ライダーキバ 変身ベルト&フエッスル DXキバットベルト
(2008/02/09)
不明

商品詳細を見る

今の仮面ライダーどもは、パンチやキックやジャンプだけではないのだ。

がびんちょんぶ~

非常に非常にショッキングなニュースであった…。

あのPCゲーム雑誌「ログイン」が休刊になっちまうというのだ。
まぁ、オンラインゲームが氾濫しだしてからこっち、全く見なかったので別にいいっちゃいいんだが…。

「ポプコム」、「コンプティーク」、「テクノポリス」、「ビープ」、そして「ベーマガ」。
思えばPCゲーム雑誌もたくさんあったなぁ。
しかし、その中でも「ログイン」と言えば、俺たち生粋のPCゲーマーにとっちゃやっぱり特別な雑誌ではなかったか。
ゲームの記事ばかりでなく、バカ記事(非常にたくさんあった。「バカチン市国」とかね)も読めた「ログイン」。
あの独特の文体、切り口は他の雑誌には決してなかった。
俺にとっちゃあ、PCゲームと「ログイン」は青春そのものだ。
ヤな青春だな。

しかし、「ログイン」がまばゆいばかりに輝いていたあの頃は、PCゲーム自体も当然輝きまくっていた。
しかるに現在はどうだ。
ゲーム機は高性能になり、モニターであるテレビも進化してしまい、PCでゲームをする理由は、もはや無い。
そして、PCゲームは、オンラインへ逃げる。
その結果が、今の寒々しい状況だ。

ここ最近、面白いゲームといえば「グランドセフトオート」シリーズや「シヴィライゼーション」シリーズ、そして「クルセイダーキングス」、「ヨーロッパユニバーサリス」、「ヴィクトリア」の三部作(?)とか、話題に上ったのは、全て海外のゲームではないか。
コーエー、システムソフトの迷走、アートディンク、日本ファルコムの元気の無さをみると、それも当然。
ニッポンのPCゲーム界は瀕死の状態である。
いや、もう死んでるか?

そんな中、「ログイン」が消えるのは当然と言えば当然。
だが、俺なんかは本当に切ない。
しかしまぁ、あくまでも休刊なので、ニッポンのPCゲームが奇跡的に生き返ったときに、復活することを願うとする。

ところで、かつて「ログイン」のスタッフだった大澤良貴氏は自身のブログの中で「ログイン」についてこう書いている。
「ほとんどの人の心の中で埋葬まで終わっている雑誌」。
う~ん、言い得て妙。

年男

さる4月16日は俺の誕生日だった。
祝ってくれ!
だが、祝ってもらうほどの若さはもう無いのであった。
なんせ36歳になったのだ。
年男である。
3度目である。
名実ともに中年なオッサンである。

そのオッサンが、今、四苦八苦しておる。
けっこう大きな仕事を任されたのだが、細かいチョンボをしまくり、まぁ怒られている。
いいトシこいて怒られている。
くそぅ。
がんばろ。

オオタドウカン漢字で書ける?

今日は営業で日暮里に行ったのだが、駅前で見つけた。

太田道灌

パッと見て誰だかわからなかった。
この像の下の石に書いてあった。

太田道灌。

戦国初期を北条早雲とともに代表する人物ですな。
江戸城、河越城、岩槻城なんかを築いたりなんかして、関東を席巻しまくって、最期は暗殺されちゃったりしたんだっけ?
結構、好きな人物ではある。
日暮里に銅像があるとは思わなんだ。

しかし、改めて言うが、銅像っていいなぁ。

おとなしくしとけ

今日、親父の見舞いに行ってきた。
病室から伏見桃山城が見える、いい所に病院があった。

まぁ、経過も悪くなく、回復はしてきてるようだが、脳だから油断は禁物だ。
親父はもともと我儘な人間で言葉もキツく(B型)、その上入院生活でイライラしており、喚き散らしたり言うことを聞かなかったり、看護士の人とかの手も煩わせているようであり、煩わせてるどころか「怖い」とまで言われてるらしい。

ちょっとは大人しくしとけ、と言っといた。

会いたくないかも。

実家である。
持ち主が病院で寝ているPCで更新している。
すなわち、親父のPCをいじってるってことだ。

明日、親父の見舞いをしてから帰る予定。

今の状態の親父に会いたいような、会いたくないような…。

帰郷

土曜日の仕事のために、明日、大阪に行く。
仕事が終わってから。

仕事が終わってから!
着く頃には、日付変わっとるかも知れん。

結婚指輪

結婚指輪と言っても、結婚するときに買ったりしたわけでなく、ましてやダイヤモンドが輝いてたりするわけでなく、たしか2年ほど前に大手ショッピングセンターのシルバーアクセサリー屋で買った普通のシルバーリングだったりする。

俺たち夫婦は、結婚式も挙げず、新婚旅行にも行かず、結婚指輪も無かったので、まぁ何か結婚の証になるモノを持つのもよかろう、と買ったもんだ。

その指輪を無くしてしまった!

今より10キロも体重が多かったころに買った指輪なので、元々、スポスポよく落ちてたのだ。
でも落ちたら「カチ~ン」とか音がするから気付いてたんだがなぁ。
いつの間にか、無い。
こりゃ、完全にどっかで落ちたんだな。

スマン、妻よ。

ていうか、カミさんは、銀によって肌が荒れる体質で、指がエラいことになっちゃうから、買ってからこっち、2、3回しかつけてない。

あぁ、またお揃いで違うのを買うか。

ちょっと宣伝

以前、チラっとエッセイを書いていてブログにしてる、と書いたと思うが全然更新しておりませぬ。
あぁ、なんて三日坊主!

いや、本当はチョコチョコ書いてはいるんだけども、公に見せなくてもエエわいな、と思ってしまったのだ。
わざわざブログにアップするのもめんどくせいし、みたいな。
それで止めた。

そんな俺なんだが、どうしても1本テーマを決めたブログがやりたくなって、ちょっと前から実は始めてるんだな。

テーマはゲーム。
今まで俺がプレイした膨大な数のゲームを1タイトルずつ、評価やら感想やらその時の俺の心情などなどを書いていこうというものだ。
タイトルは『ゲームめった書き!』。
安直だ。

なんでここで紹介したかというと、こないだ書いた『ドラゴンクエスト』に関しての記事が、思いのほかよく書けたと自画自賛しているからだ。
誰かに読んでもらいたいなぁ、と思ってしまった。

↓見てみてちょうだい。
『ゲームめった書き!』

ちなみに、このブログは、1ヶ月に3回程度、のんびり更新していく予定。

気になる看板

東池袋の「大勝軒」。
つけ麺で有名な、最近(だいぶ前か?)復活したラーメン屋。
行列が出来るほどウマイと評判だ。
俺は食ったことないけどね。

その「大勝軒」から、のれん分けされた店がとある所にあって、その看板が、これまたとあるところにあるのだ。
そこにはこう書いてある。

「東池袋に通い続けて20年。その間に食べたラーメン1000杯。ついに○○(場所)に暖簾分け」

初めて見たときは、「1000杯!すごいネ」などと思ったのだが、チョット待て。
あるとき俺は気がついた。

20年で1000杯ってことは1年で50杯。
てことは1ヶ月で4杯強。
大体、週イチで1杯食ったワケか。

……………。

ていうか、別にそんなに言うほど食ってへんやん!

親父

俺の親は大阪にいるんである。
もう離れてからだいぶ経つが、妹がまぁまぁ近くに住んでるし(といっても駅5個分くらいはあるが)、いくら歳を取ったといっても、何事もまだなかろう、と思っていたわけである。
何かあったら頼むで、と妹に無責任に言ってたわけである。

で、今、夜中ながらに妹から電話がかかってきた。
親父が、飲みに行った帰り、飲み屋の階段を転げ落ち、アタマを打って脳挫傷だと。
今は、なんだがおかしな行動をみせるらしいが、しばらくしたら治るだろうという話らしい。
てか、大丈夫なんかソレ?

数年前、ガンを患ってから、俺から見て急激に小さくなっていった親父の背中を思い出して、途方にくれている。
今、急に思ったんだが、俺って親の死に目に逢えるんだろうか。

ていうか親父よ、まだくたばんなよな。まったく。
プロフィール

コバヤシマサキ

Author:コバヤシマサキ
こんにちは。
1972年4月生まれ、40歳、既婚、子供3人。

ブロガーとして生きることができるか模索中でありチャレンジ中。

ブログ内検索
リンク
雅王のPCゲームブログ
便利!
スポンサードリンク

月別アーカイブ
色々と…


あわせて読みたい

with Ajax Amazon

カウンター
カウンター2
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2516位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
484位
アクセスランキングを見る>>

ブログパーツ ラシックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。