スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大阪放送局の「ボイスマン」!キメェ!

ボイスマン
ナニコレ!?
NHK大阪放送局のキャラクターです。
ムキムキの体に「再放送多すぎやろー」とか「あほとかすきとかやかましいわ」とか「カーネーション」とか書いてあるぅ。怖い!
これじゃ耳なし芳一じゃないか!

続きを読む
スポンサーサイト

NHK『クローズアップ現代』に出演したときの飯野賢治!

Kenji EnoKenji Eno / Joi
飯野賢治氏が亡くなってから、あっちこっちで追悼のコメントやら記事やらがありますね。
やはり、世の中に与えた衝撃は大きかったのでしょう。
その飯野氏、NHKの『クローズアップ現代』に出演して発言してました。
1996年7月4日放送、「天才を探せ~激化するゲームソフト人材獲得合戦~」という放送です。
そのときの発言が、テキストに起こされています。

続きを読む

さようならワクワクさん。Eテレ『つくってあそぼ』が3月で終了

NHKDVD つくってあそぼ きせつのこうさく

あぁ~残念。
1990年から続くNHK Eテレの『つくってあそぼ』が3月いっぱいで終了するらしいです…。

続きを読む

例のNHKのダイオウイカが独と仏でも放送

●【海中散歩inナイトツアー】おともだちマスコット ダイオウイカ 1匹(154864)(内藤デザイン研究所)
なんだかネット上でも盛り上がっていた「NHKスペシャル 世界初撮影!深海の超巨大イカ」がドイツとフランスでも放送されることが決まってるみたいです。

続きを読む

BSプレミアムで『おとうさんといっしょ』が始まります。

ポコポッテイト 指人形セット
あぁ、別に『おかあさんといっしょ』をいっしょに観ればいいだけなんですけどね。
子供らが小さい頃はそれで普通にたのしんでいたけど?

続きを読む

NHKスペシャルのダイオウイカ、スゲかった

サファリ レプリカ ダイオウイカ
今日のNHKスペシャルは、「世界初撮影!深海の超巨大イカ」ということで、ダイオウイカが動く姿を見ることができたんですが、観ました?
僕も観ましたけど、単純にスゴイなぁ、と。

続きを読む

NHKのバラエティ番組で楳図かずおと日野日出志が凶作を!

恐怖 HEARTLESSTシャツ ホワイト サイズ:XL
ホラー漫画界の二大巨頭じゃないですか!

楳図かずおと日野日出志が共作!?NHKのバラエティで

1コマづつ交互に描いていって、よりオモロイほうが勝ち、という番組だって。
なんか夏にやってたらしいな。知らんかったわ。

しかし、この2人は豪華すぎるだろ。
是非、観よう。

JAPANESE SCARY MANGA―幻色日本怪奇漫画図鑑九十九殺 (マジカルミステリーホラーSPECIAL)
定価:¥ 1,890
中古最安価格:¥ 3,800 (3店出品)
by 通販最速検索 at 2012/12/21

NHKの朝の顔がやらかした件

Police carPolice car / Dick Thomas Johnson

捕まった!

NHK森本アナ逮捕 強制わいせつ容疑

どのテレビ局もつまらん番組ばっか。それは朝の情報番組でも一緒である。
消去法で、NHKの『おはよう日本』を観ることが多い。
民放の阿呆な番組よりマシだから。ただしテレビ朝日の『やじうまプラス』は観られるレベルだが。
その『おはよう日本』の朝の顔がタイーホ!

 逮捕容疑は14日午後7時45分ごろから同55分ごろまで、東急田園都市線の渋谷-二子玉川間を走行中の急行電車内で、女性(23)の下着の中に手を入れ、胸を触った疑い。女性が二子玉川駅で森本容疑者を電車から降ろし、取り押さえた。

触った相手に取り押さえられるマヌケさ。
酒を飲んでて記憶が無いなど、言い訳にもならん。
さて、明日の同番組の冒頭が楽しみだ。楽しむな>俺。

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]
(2007/08/10)
加瀬亮、瀬戸朝香 他

商品詳細を見る

川本喜八郎の人形がナマで無料で見れるんだと!

川本喜八郎 人形―この命あるもの (別冊太陽)
モノホンが見れるなんて!

渋谷に三国志の人形ずらり 川本喜八郎ギャラリー

続きを読む

有吉がNHKで司会。ソツなくやりそうよな

ロンドンハーツ⑤ [DVD]
毒舌王が満を持してNHKに登場である。ただし、Eテレ。

有吉弘行 : 「NHKっぽくない番組に」と“毒舌司会”に意気込み

続きを読む

歳を重ねる毎に才能の出方も変わってくるんでしょうな

楽しみにしてた『松本人志のコント!MHK』を観た。
ん~、どうでしょう。どうだった?何とも感想を言いようがない気持ち、今。
恐らく、あれが今の松っちゃんであり、それはそれで全然OKなものなんだが、俺らは『ごっつ』『夢で逢えたら』を観てしまっている。その俺らからみると「あれ?」という違和感はやむを得ないんだろうなぁ。
しかし逆に、その下地がない今の若い奴らにはどうなんだろう?
「どこが面白いの?」とか思ったりしないだろうか。
まぁアレだ、俺が偉そうに言っても“天才”の頭の中はわかりっこないけどね。すんません。
俺は「答辞」が一番良かったかなぁ、逆に(笑)。
しかし、「つぶやけ!アーカイブス」はいらんと思う。どう考えても、あれをやるならキム兄や板尾のほうが上を行くだろう。と思う。


松本坊主 (幻冬舎よしもと文庫)松本坊主 (幻冬舎よしもと文庫)
(2009/05)
松本 人志

商品詳細を見る

タモリがブラブラする『ブラタモリ』の第2弾が!

いよっ!待ってました!“いい番組”は復活するんだなぁ。

NHK『ブラタモリ』 第2シリーズは10月7日より放送開始!9月20日にはラジオ版も

タモリがブラブラするこの番組、ご存知?

続きを読む

『龍馬伝』を初めてじっくり観てみたが

ウチの家族はまったく興味ないから、今くらいしかじっくり観れん」きにの~。
みんな熱演してるなぁ。それによってドラマとしてはオモロいと思うよ。思うけどさ~。
前にチラッと観た時に以蔵を良く見せすぎとか思ったけど、今回は西郷を良く見せすぎ。
西郷が下関に寄らなかったのを“幕府の隠密”のせいにしちゃうなんて。ちゃうやろ。薩摩のメンツのせいやろ。
そういうのが、随所に見受けられるな。
困るのは、なんだか俺の周りにも多いのだが、それを本当の歴史だと思っちゃう莫迦タレが多いってこと。
いちいち訂正して回ってる俺の身にもなってよ(誰も頼んでないっつーの(笑))。
でもホント、考えたほうがいい。
エンタテイメントとしてなら上出来なドラマだし、そうやって観るなら文句ないけど、観てるほうの土壌が悪いというか、そういうのをキッチリ教えてくれたのがNHK大河ドラマだったと思うんだがどうか。
三谷の『新撰組!』からコッチ、あんまり良くない流れだと思うよ。
数字ばっかり追わんと、大河ドラマの使命ってのをNHKは考えたほうがいいと思う。その結果コレだってんなら、しゃーないけどや。だとしたら二度と観ないんだから、ハッキリしてくれや~。

再来年は「熱い熱い~」と言いながら死んだ人が主人公

2012年大河ドラマ、平清盛が主人公だそうな。
NHK大河ドラマ、2012年は「平清盛」
NHKは4日、2012年に放送される第51作の大河ドラマとして「平清盛」を制作すると発表した。平安時代末期の武将、平清盛を主役に据えた大河ドラマは1972年の「新・平家物語」以来。脚本は「ちりとてちん」を手掛けた藤本有紀さんのオリジナル作品。
海賊退治で名をはせ、中国との交易で巨万の富を築いた若き日の清盛の姿を軸に、平家の勃興(ぼっこう)から滅亡までを描く。演出の柴田岳志チーフ・ディレクターは「躍動感あふれる平安時代版の『ゴッドファーザー』に仕立てたい」と話している。
2010年8月4日17時14分  読売新聞)


続きを読む

俺の道を変えた(オオゲサ)大河ドラマがある

司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を読んで以来ずっと幕末好きな俺は、大学に行って当然幕末をやるつもりマンマンだったので、近世のゼミを受講するつもりだった。
どっこい浪人中に大河ドラマ『太平記』に大いにハマってしまい、結局中世のゼミへ行き、教授とケンカし、大学を中退するハメになってしまった。
ちなみに、俺のテーマは「婆娑羅」だったさ。
俺が大学を中退したのは、原因をつきつめれば大河ドラマ『太平記』だったのか!
そんなこのドラマは、もうキャストの熱演が大変良い。
足利尊氏の真田広之、足利直義の高嶋政伸、楠正成の武田鉄矢、佐々木導誉の陣内孝則(これにホれてテーマが婆娑羅)、高師直の柄本明などなど、これ以上ないピッタリなキャスティング。
俺が観た大河ドラマのなかで、一番のデキ。ていうか他にデキのいいのが見当たらないなぁ。
つまり、俺にとって唯一、デキのいい大河ドラマ。
オススメ。観れ~。

NHK大河ドラマ 太平記 完全版 第壱集 [DVD]NHK大河ドラマ 太平記 完全版 第壱集 [DVD]
(2008/08/22)
真田広之武田鉄矢

商品詳細を見る

NHK大河ドラマ 太平記 完全版 第弐集 [DVD]NHK大河ドラマ 太平記 完全版 第弐集 [DVD]
(2008/09/26)
真田広之武田鉄矢

商品詳細を見る

珍しく俺を虜にするテレビ番組があらわれた

普段、テレビを自発的に観ることがまったくない俺は、地デジ移行を機に我が家のテレビ無くしちまえとすら思っているのだが、当然のことながら家族の猛反対をくらっているのである。だから我が家からテレビが消える日は来ない。
そんな俺が、この秋からのある新番組にゾッコン。
その番組とは、『ブラタモリ』。
タモリが江戸の地図を手にして都内をブラブラ散策しながら小さな小さな歴史遺産を見つけていくというバラエティ。
タモリの性癖(笑)からして、坂、傾斜とか電車がやたらとクローズアップされるが、それすら面白い。横にNHKのアナウンサーがいるので、タモリも余分なシガラミが少なくなっているのか、自由なコメントが随所に光る。特に歴史的事項や歴史上の人物がクローズアップされることが無く、逆に当時の市民の視点で歴史を見てるから歴史へのアプローチが新鮮だ。
ホントに面白い。
散歩って、こうやって歩くのが正しいのだ。
都内ばかりでなく、是非、京都や大阪や鹿児島や高知や会津や金沢や長岡や仙台や山口や福岡や彦根や名古屋や甲府や小田原なども歩いて欲しいなぁ。
そして、ヘタに手を加えることをしないで、今のままの形で、末永く続いて欲しい番組である。

タモリのTOKYO坂道美学入門タモリのTOKYO坂道美学入門
(2004/10/16)
タモリ

商品詳細を見る
プロフィール

コバヤシマサキ

Author:コバヤシマサキ
こんにちは。
1972年4月生まれ、40歳、既婚、子供3人。

ブロガーとして生きることができるか模索中でありチャレンジ中。

ブログ内検索
リンク
雅王のPCゲームブログ
便利!
スポンサードリンク

月別アーカイブ
色々と…


あわせて読みたい

with Ajax Amazon

カウンター
カウンター2
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
308位
アクセスランキングを見る>>

ブログパーツ ラシックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。