スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村の授業 人生を変える「監督ミーティング」

DSC03851DSC03851 / shi_k

ノムさんを支え続けた橋上秀樹が、ノムさんが監督時代に行っていた「ミーティング」で書いたノートを元に野村野球の真髄を教えてくれる本です。

続きを読む
スポンサーサイト

あぁ、監督―名将、奇将、珍将

女房よ・・・
『あぁ、監督―名将、奇将、珍将』はノムさんが書いた監督論です。
ID野球の真実がわかる、かもよ。

続きを読む

「ボヤいてばっかりマン」にハマっているのです



ノムさんって実はかなりおちゃめなジイさんですよね。
続きを読む

東北楽天ゴールデンイーグルスについて。今さら。

ボビングヘッド ONE PIECE シリーズ モンキー・D・ルフィ 楽天イーグルスVer.

星野新監督のもと新体制で新戦力をバカバカ獲得して、さすが楽天カネありまんな、と言いたくなるような感じの東北楽天ゴールデンイーグルス。
松井稼頭央と岩村、元メジャーリーガーを獲得、さらに韓国チームのエース、メジャー経験もあるヒメネスも獲得したし、岩隈もメジャー行きならずで戻ってきた。
こりゃ来年強くなりそうですな、とか思ってたら雲行きがどうも怪しく、空中分解しそうな勢い。
契約更改で泣く選手が続出したのは如何なものか、と思ったが気持ちもわかる。
両メジャーリーガーのおかげで出場が減るであろう渡辺選手をタダ同然でトレードに出したのが原因らしいが、そりゃチームの貢献者を追い出して派手な選手を獲ってくりゃ残った選手から反感も買うだろう。
しかし、星野さんはこんなやり方する人じゃなかったがなぁ。
1年目にチームの悪いところを洗い出し、2年目にひとつの弱点を補強して成長を促すというやり方で2年目に優勝する、というのがパターンだった
だが、どうやら今回はカネがグイグイ出てくるのだか何だか、こんなカンジになっちゃってる。
こうなったら山崎武あたりがきっちり潤滑油にならんとチームとして回ってイカンだろうな。
ノムさんがジックリ育て上げたチームをブラウンが1年でダメにし、来年はさらに壊滅に向かっているような気がするんだな。
まぁ、星野さんには、なんだかんだで注目していくんだけどね。別にイーグルスファンじゃねーけども。


野村監督語録集~名将かく戦い かく語りき~ [DVD]野村監督語録集~名将かく戦い かく語りき~ [DVD]
(2008/12/17)
野村克也

商品詳細を見る

野村ノート

野村ノート野村ノート
(2005/09)
野村 克也

商品詳細を見る

現楽天ゴールデンイーグルス監督の野村克也氏の本。
野球論一辺倒かと思いきや、野村監督の人生観、人材育成論といった感じ。

例のぶしつけな態度、言動とはちょっと違う。
ノムさんって、こんなに熱い人だったんだ、とちょっとビックリ。
熱いといっても某元テニスプレイヤーのように暑苦しくないところがいい。

具体的な選手名と彼らに関わるエピソードをもとにして記述されていってるので、プロ野球に疎い人はやはり読むのに苦労するだろうし、興味も持たれないだろうな。
ちょっと勿体無い気がする。
大層な組織活用術や人材操作法が書いてあるわけじゃないけど、社会人にはそれなりに役立つ内容だから。

野球を客観的に見て、ストイックに分析したデータを基にして緻密な野球を展開する野村監督の野球をみて「つまらない」という人は多いだろう。
俺も、実はそうだった。
でも、そういう人こそ読んでほしい。
データの活用の仕方が、スゴイ。

個人的には、南海ホークスでのプレイングマネージャー時代の、江本孟紀、江夏豊、門田博光各選手とのエピソードが面白かった。
それこそが、野村野球の原点だったらしい。

この本を読んで、ちょっとだけノムさんが好きになった。


プロフィール

コバヤシマサキ

Author:コバヤシマサキ
こんにちは。
1972年4月生まれ、40歳、既婚、子供3人。

ブロガーとして生きることができるか模索中でありチャレンジ中。

ブログ内検索
リンク
雅王のPCゲームブログ
便利!
スポンサードリンク

月別アーカイブ
色々と…


あわせて読みたい

with Ajax Amazon

カウンター
カウンター2
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
688位
アクセスランキングを見る>>

ブログパーツ ラシックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。