スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリーバレンタインデー!

ディズニー・WDW 2013年バレンタインデー・ディズニーベア・ダッフィー (Walt Disney World限定品)
あ~、もう良くなりましたけど、家に居る間は「完治してないから寝とけ」との指令があるので、まだ本格的に更新とはいきません。
もうしばらくお待ち下さい。
ところで、きょうはバレンタインデーですな。

続きを読む
スポンサーサイト

新宿駅にてブラックサンダーが無料だって!

ブラックサンダーブラックサンダー / yosshi
体操の内村航平も食いまくってることで有名なブラックサンダー。
30円とお手軽な価格なので、小腹が空いたときとか僕も負けじと食いまくってます。
そして何と、バレンタインデーの企画で、そんなブラックサンダーの無料の販売機が新宿駅に出現するとかいうのですよ!

続きを読む

ウチの息子らだったら喜ぶかも。カブトだし。

昆虫の銀製リアルピンブローチ カブトムシ

全国の女性の方の皆さん方、もうすぐバレンタインデーですな。もう、義理チョコなんて無駄はやめたらどうすか?
ナニ?そうはいかない?
そうですか。ならば、こんなのどうでしょう。

続きを読む

もはやバレンタインデーに意味がない件

もうすぐバレンタインデーである。
俺は、カミさんと娘から貰ってハイおしまいであるから、若い頃のように無駄にドキドキする必要が無く、健康にいい。何言ってんだ。
ところで、バレンタインデーといえば、日本では、「女性が男性にチョコレートを渡し、愛情を表明する」日だった。あくまでも日本では。
俺なんかは好きな子からチョコもらえるかどうかドキドキという時代に育っているから、バレンタインデーとはそうあって欲しいなんて思ってたりするのだ。
しかし、なかなかそうもいかないようで―。
まず、結構昔っから「義理チョコ」なんてのがあったな。
職場なんかでカドが立たないように、もうハゲ上司にもバカ後輩にも全員に渡したるわ!という。しかし、カムフラージュにはなったりしてカワイイもんだけど、「女性が男性にチョコレートを渡し、愛情を表明する日」のうち、「愛情を表明する」部分が消えちゃうのだ。
バレンタインデーとは、「女性が男性にチョコレートを渡す日」なのだ。
そして最近は、随分言葉も定着したけども、「逆チョコ」がある。
男が女性に渡したりして、もう俺から言わしたら非常に情けない状況だけど、こんだけ男性が弱くてみっともない時代やさかい、しょうがありまへんやおへんか。しょうがないけど、「女性が男性にチョコレートを渡す日」のうち、「女性が男性に」の部分が「誰かが誰かに」に変わっちゃうんだなこれが。
バレンタインデーとは、「誰かが誰かにチョコレートを渡す日」なのだ。
しかし、近所のスーパーとか見ると「友チョコ」なんてポスターがあったりする。
好きな人に、なんて言わず友達にもチョコあげましょうよと、こういうわけだ。もう「義理」だの「逆」だのあるんだから、仲のいい友達にも当然チョコあげるべきだ、うん。あげていいけども、「誰かが誰かにチョコレートを渡す日」だったバレンタインデーが変化せざるを得ないよな。誰から誰へという流れはもうどうでもいいわけだから「誰かが誰かに」のうち「誰かが」は消えちゃう。
バレンタインデーとは、「誰かにチョコレートを渡す日」なのだ。
そうかと思ってたら同じスーパーに「友ビス」とか書いてある。
なんじゃそりゃ!?ビスってなんだビスって。とか思ってたらどうやらビスとはビスケットのことらしい。もう別にチョコじゃなくていいじゃん、と。ビスケットも食べて~と。こういうワケだ。
そりゃね、もうここまできたらチョコの代役として甘いお菓子だったら何でもいいよな、てなもんだが、「誰かにチョコレートを渡す日」のうち、「チョコレート」が「何か甘いお菓子」に変わっちゃうね。
バレンタインデーとは、「誰かに何か甘いお菓子を渡す日」なのだ。
……。良く見たらまだあったよ。なになに?「友せん」???
なんだ「せん」って?「バレンタインデーには友達におせんべいを渡しましょう」って書いてあった。
おい!やりすぎやろ!甘くないやん(そこか)!もう何でもいいんだな。いいんだなそれで。わかった!
結論。
バレンタインデーとは、「誰かに何かを渡す日」なのだ。
もう2月14日じゃなくっても、バレンタインデーじゃなくっても別にいいやね。
ていうか、菓子業界は明らかに調子に乗り過ぎであり、消費者は莫迦野郎過ぎ。

バレンタインデー

本日はバレンタインデーですな。
といっても、もう完全に縁が無いイベント。
カミさんと4歳の娘にチョコもらったけど、それが関の山だ。

そんなバレンタインな日、次男の幼稚園の最後のお遊戯会の日でもあった。
高校時代からの友人の子供と一緒の幼稚園なので、終わってから友人宅へ行き些細なお疲れ様パーティーをした。
宴もたけなわになった頃、ピンポーンとチャイムがなる。
女の子がたずねてきて、友人の長男(小1)にチョコを渡す。
その後、友人の長女(小3)が、チョコを渡しに出かける。

正直、俺、ちょっとショック。
ていうかビックリ。

赤ん坊の頃から知ってる子供らが、バレンタインデーにチョコのやり取りをしている。
そんなに月日が経ったのかと、自分の歳をまた再確認(最近こればっかり)。
いやいや、みんな成長していくねぇ。

一方、ウチの子らには全く浮いた話が無いってのが笑える。
プロフィール

コバヤシマサキ

Author:コバヤシマサキ
こんにちは。
1972年4月生まれ、40歳、既婚、子供3人。

ブロガーとして生きることができるか模索中でありチャレンジ中。

ブログ内検索
リンク
雅王のPCゲームブログ
便利!
スポンサードリンク

月別アーカイブ
色々と…


あわせて読みたい

with Ajax Amazon

カウンター
カウンター2
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2707位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
519位
アクセスランキングを見る>>

ブログパーツ ラシックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。